スカイマークが石垣、宮古の両空港から撤退する方針を示していることに、沖縄県内の離島航空路線網の整備などを担う県交通政策課の担当者は29日「急な事態に驚いている。報道内容以上のことは知り得ていないので、情報収集に努めている」と話し、スカイマーク側に事実関係を問い合わせているという。詳細が確認でき次第、県としての対応を検討するという。

 文化観光スポーツ部の湧川盛順部長は「好調な観光需要に影響が出ないように、既存や新規の航空会社に路線減少分を補うような運航態勢をお願いしたい」と話した。