求人おきなわ(那覇市、大里一雄社長)は19日、同社発行の求人誌「アグレ」掲載広告の募集時賃金を集計した「平均賃金データ2017」を発表した。沖縄県内募集時の平均月給は前年度比2・3%増の16万8174円、平均時給は4・3%増の826円で、ともに過去最高を更新した。

(資料写真)キーボード

「平均賃金データ2017」を発表する求人おきなわの屋比久和麻係長(左)ら=沖縄タイムス社

(資料写真)キーボード 「平均賃金データ2017」を発表する求人おきなわの屋比久和麻係長(左)ら=沖縄タイムス社

 職種別でみると、102職種中、73職種で平均月給がアップ。最も増加したのはシステムエンジニアの6万1409円、准看護師の2万5250円と続いた。平均時給は96職種中、76職種がアップ。理学療法士150円、准看護師117円の増となっった。

 調査は2016年4月から17年3月までに発行されたアグレから、12冊を抽出して実施。募集時賃金の平均月給・日給・時給を職種別・業種別・雇用形態別に集計した。

 同社営業部の屋比久和麻係長は「最低賃金が714円へ大幅に引き上げられた影響もあるが、全体的に人手不足で賃金が上昇している。来年度も同様な傾向になるのではないか」と話している。