沖縄県内の6月の子牛1頭当たりの平均取引価格が70万2千円となり、前年の同月に比べ1・2%安、5年1カ月ぶりに前年同月の価格を割り込んだ。子牛の価格は全国的な子牛不足で2010年から上昇していた。それに伴って上昇していた成牛枝肉の小売価格への転嫁の限界を迎え、今年に入り低下。