19日から20日にかけて沖縄県内で降り続いた大雨は、各地で6月の観測記録を更新し、冠水や土砂崩れなどによる生活道路の分断や水産業への被害が広がった。

赤土の影響で溶けた海ぶどう=20日、宜野座村漢那

大雨の影響で土砂崩れが起き、通行止めとなった農道=20日午前7時40分ごろ、東村・県営慶佐次基幹農道(山城定雄さん提供)

赤土の影響で溶けた海ぶどう=20日、宜野座村漢那 大雨の影響で土砂崩れが起き、通行止めとなった農道=20日午前7時40分ごろ、東村・県営慶佐次基幹農道(山城定雄さん提供)

 宜野座村漢那の海域には、大雨で赤土が流れた。海域の海水を使って海ぶどうを養殖する「海月」では、赤土の影響で海ぶどうが溶け、約300万円の被害が出た。養殖場を営む男性(45)は「大規模な赤土流出は過去10年で初めて。早く新鮮な海水に入れ替えないと、海ぶどうが腐ってしまう」と頭を抱えた。

 大雨による土砂崩れも相次いだ。うるま市与那城屋慶名では20日午前5時半ごろ、住宅裏手の丘斜面の土砂崩れが発生し、家畜小屋が半壊状態となった。

 豊見城市金良では、ヤード内で高さ10メートルほどに積んだ土砂が高さ5メートル前後から崩れた。うるま市豊原の市道では、山林の擁壁の一部や土砂が約20メートルにわたって崩れ落ちた。東村慶佐次の県営慶佐次基幹農道付近でも土砂崩れがあり、一時通行止めとなった。

 中城村新垣でも土砂崩れがあり、ゴルフ場敷地内に土砂が流れ込んだ。那覇市首里石嶺町では、安謝川沿いにあった幅20メートル高さ1・5メートルのブロック塀が倒れた。いずれも人的被害はなかった。

 県防災危機管理課などによると、20日午後6時現在、中城村泊の県道146号線、北中城村大城地内の村道大城登又線、うるま市豊原地内の市道宮里6―56号線で全面通行止めとなっているほか、中城村添石地区の村道ウフクビリ道と東村平良地区の国道331号で片側交互通行、浦添市前田地内の県道38号線で路肩規制となっている。