沖縄戦で鉄血勤皇隊に動員された県立第一中学校(現首里高校)の元学徒が残した遺書の修復作業を、同校の同窓会「養秀同窓会」(那覇市首里金城町)が始めている。戦後72年たち劣化が著しいため、戦争の貴重な「遺産」として長期的な保存を目指す。修復費用の寄付も一般に募っている。