沖縄労働局(谷直樹局長)が30日、発表した昨年12月の有効求人倍率(季節調整値)は0・80倍で、前月より0・03ポイント改善し、本土復帰後の最高値を7カ月連続で更新した。0・8倍の大台は初で、雇用情勢の改善傾向が鮮明になった。2014年平均の有効求人倍率も0・69倍で、復帰後の最高。