【名護】新基地建設が強行されている名護市辺野古の海上では、31日も市民らがカヌーで抗議行動を続けた。大浦湾側に浮かべられたブイの周辺で、海底に沈められたトンブロックが確認された。海上作業は行われていない。

抗議活動のため作業台船に近づくカヌー隊=31日午前10時50分ごろ、名護市辺野古沖

 陸上のキャンプ・シュワブゲート前でも、市民ら約120人が座り込み、抗議を続けた。一時停車していた市民側の自動車2台を、県警が駐車違反で取り締まる一幕もあった。市民らは「不当な法の運用だ」と非難した。