地産地消をテーマに県産農林水産物・加工食品の魅力を発信する、おきなわ花と食のフェスティバル2015(主催・同推進本部)が31日、那覇市の奥武山公園で始まった。

花きや青果などの県産農林水産物が並び、多くの来場者でにぎわう「おきなわ花と食のフェスティバル2015」=31日午前、那覇市・県立武道館

 ことしは過去最多だった前年より6団体少ない159団体が出店。県産農林水産物や加工品の展示・販売のほか、ガーデニング教室や野菜オークション、県産海産物を使った料理のナンバーワンを決める「フィッシュワン・グランプリ」などがある。

 開会あいさつでJAおきなわ理事長の砂川博紀推進本部長は「安心・安全・新鮮な県産農林水産物を通じて、沖縄の食文化を実感してほしい」と呼び掛けた。

 フェスティバルは2月1日まで。午前10時~午後6時。那覇軍港西側に特設駐車場を設け、会場までのシャトルバスも運行する。1日には琉神マブヤーショーもある。