政府が沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場内に建設し、昨年12月に米側へ提供した四つのヘリパッドを巡り、米軍の使用開始時期のめどが立っていないことが明らかになった。負担軽減策をアピールするため市民や記者を排除し、自衛隊ヘリまで持ち出して2016年末の完成を急いだ安倍政権。