一般社団法人グランドオリオン地域振興会は31日、グランドオリオン跡地で来春6月開業予定の「国際通り屋台村」の出店希望者の試食審査会を開いた。2月中旬に屋台村に入る20事業者を決定する。

屋台村の出店に向け、約40の飲食店がメニューを紹介した=那覇市、安田ゆう子クッキングスクール

 この日は那覇市おもろまちの安田ゆう子クッキングスクールで3回に分けて審査。約40の飲食店が参加し、アグーや海ぶどうなど県産食材を使った多彩なメニューをその場で調理、こだわりなどを説明した。地域振興会、スクールのスタッフ、一般女性らが審査員を務め、味や見た目、接客態度などを審査した。

 屋台村は屋台20店舗と離島の産品や観光情報を発信する「離島マルシェ」で構成。総事業費は約6億円で、沖縄総合事務局の地域商業自立促進事業に採択された。