沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」(具志堅隆松代表)は22日午後2時から、浦添市社会福祉センターで「戦没者遺骨を家族の元へ6・22沖縄集会」を開く。

沖縄戦の戦没者遺族にDNA鑑定の申請を呼び掛ける「ガマフヤー」の具志堅隆松代表(中央)=21日、県庁

 遺骨の遺族への返還につなげようと、軍民や国籍を問わず、沖縄戦の遺族らにDNA鑑定の集団申請への参加を呼び掛ける。

 21日、県庁で記者会見した具志堅代表は、7月上旬にも申請書を第1次として厚生労働省に提出する考えを示し、「遺族は高齢化し、年々少なくなっている。国が遺族を選定して希望者を募るのではなく、希望する遺族全てを受け付けるべきだ」と、国に方針変更を求める考えを示した。

 具志堅代表は、国が那覇市真嘉比など県内10地域の戦没者に関し、7月にも遺族と思われる人に申請を呼び掛ける方針を示していることを問題視。「沖縄戦の特徴は誰がどこで亡くなったか、分からないのがほとんど。地域を限定する呼び掛けでは意味がなく、政府に限定しないよう要請する」と話した。

 集会や集団申請に関する問い合わせはガマフヤー、電話090(3796)3132。