【宮古島】伊良部島と宮古島を結ぶ全長3540メートルの「伊良部大橋」が31日、開通した。通行無料の橋としては国内最長となる。離島苦の解消のために始まった地元の要請から約40年余り。式典や祝賀会に参加した市民ら招待客約千人は、悲願だった「夢の大橋」の完成を喜んだ。

翁長雄志知事(前列左から4人目)や下地敏彦宮古島市長(同7人目)ら関係者がテープカットし、伊良部大橋が開通した。右奥が伊良部島=31日午後1時30分、宮古島市平良久貝(伊禮健撮影)

 記念式典では、内閣府の松本洋平大臣政務官や翁長雄志知事、下地敏彦宮古島市長ら関係者がテープカット。同時にくす玉が割られると、参加者から大きな拍手が起きた。3組の3世代夫婦を先頭に約千人が渡り初めをした。

 式典で翁長知事は「地域の産業基盤の整備や観光資源の開発支援など、宮古圏域の振興に大きく寄与すると確信している」とあいさつ。下地市長は祝賀会で「伊良部島は過疎化や産業の衰退など、課題を抱えていた。離島苦の解消のほか、島を活性化させることが期待できる」と期待を込めた。

 伊良部大橋は長年の地元の要請活動を経て、2006年3月に着工。総事業費は約395億円。