ソフトテニスの第20回全沖縄高校選手権は31日、県総合運動公園庭球場で個人戦が行われ、男子決勝は安谷岳・新城雄慎組(那覇西)が上地立希・大田朝成組(南風原)を4-2で下して頂点に立った。同校対決となった女子決勝は小牧万里波・宮平莉奈組(名護)が4-2で川田楽々・仲本玲海組(同)を下して栄冠に輝いた。男女ともに初優勝。

男子決勝 サーブを放つ那覇西後衛の安谷岳(左)と前衛の新城雄慎=県総合運動公園庭球場(花城克俊撮影)

女子決勝 同校対決を制した名護後衛の小牧万里波(左)と前衛の宮平莉奈

男子決勝 サーブを放つ那覇西後衛の安谷岳(左)と前衛の新城雄慎=県総合運動公園庭球場(花城克俊撮影) 女子決勝 同校対決を制した名護後衛の小牧万里波(左)と前衛の宮平莉奈