プロ野球は2月1日、沖縄、宮崎の両県で12球団が一斉にキャンプインする。各チームは31日までにキャンプ地入りした。セ、パ両リーグが同時開幕する3月27日に向け、戦力強化を図る。

歓迎セレモニーで花束を受け取る日本ハムの栗山英樹監督=那覇空港

歓迎の花束を受け取る楽天の大久保博元監督(左)ら=久米島空港

航空機のトラブルで約3時間遅れで那覇空港に到着し、時計を指さすDeNA・中畑監督

歓迎セレモニーで花束を受け取る日本ハムの栗山英樹監督=那覇空港 歓迎の花束を受け取る楽天の大久保博元監督(左)ら=久米島空港 航空機のトラブルで約3時間遅れで那覇空港に到着し、時計を指さすDeNA・中畑監督

 7球団が集まる沖縄では大久保新監督の楽天が仙台からチャーター機で久米島入り。日本ハム、DeNAは那覇空港に到着した。真中新監督のヤクルトはミーティングで初日に備えた。

 宮崎では工藤新監督を迎えたソフトバンクが宮崎市街地で2年連続日本一を祈願したパレードに参加し、新加入の松坂らがファンの声援に応えた。巨人は原監督や新主将の坂本らが宮崎神宮でセ・リーグ4連覇を祈願。黒田が復帰する広島は緒方新監督が選手を前に24年ぶりのリーグ優勝を誓った。宮古島から宮崎市に移ったオリックスは一部選手が新たな拠点で体を動かした。

 オープン戦は2月21日に始まる。