【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸、新基地建設の作業現場では1日午前、大型作業船によるコンクリートブロックの投入が続けられている。午前11時半までに、大型作業船2台が移動しながら、少なくとも5カ所でコンクリートブロックを海中に投入した。

コンクリートブロックの投入作業を続ける大型作業船=1日午前11時半ごろ、名護市の大浦湾

 周辺には、沖縄防衛局の作業船や海上保安庁のゴムボートなど約30隻が航行している。