【山城博明通信員】オキナワ日本ボリビア協会(中村侑史会長)主催の2015年度成人式が1月17日、同協会ホールで行われた。

オキナワ移住地の新成人者たち=1月17日、オキナワ日本ボリビア協会ホール

 本年度の新成人者は20人。会場には家族、親族、友人ら多くが駆けつけ新成人を祝福した。

 新成人を代表して新垣一剛さんは、「まだまだ未熟な私たちですが、本日、成人式を迎えた仲間とともに日系社会の発展に寄与する人材となるよう精進してまいります」と新成人としての抱負を述べた。

 中村侑史オキナワ日本ボリビア協会長は「立派に成長したご子息たちを目の当たりにし、ご両親には感慨深いものがあると思います。これからの人生いろいろな厳しい事に直面すると思いますが、気持ちをしっかり持って事に当たりまい進してほしい」と励ました。

 在サンタクルス日本国領事事務所の植松聡参事官兼領事は、「人生の困難を自分の夢を実現のために乗り越え、移住地、日系社会に貢献する人になってほしい」とあいさつした。

 新成人には在サンタクルス領事事務所、ボリビア沖縄県人会、コロニア沖縄農牧協同組合、オキナワ日本ボリビア協会から記念品が贈られた。