9秒でまるわかり!

  • ・2月1日から沖縄本島の国道58号のバスレーンが延長された。
  • ・朝は宜野湾市伊佐→那覇市久茂地まで。夕は久茂地→浦添市牧港まで。
  • ・「基幹バスシステム」の一環で、延長は1978年以来37年ぶり。

 沖縄県や県警などは2日、国道58号のバスレーン区間を延長した。公共交通の利用促進や渋滞緩和を目的とした「基幹バスシステム」の一環で、バスレーンの延長は1978年以来37年ぶり。朝の南向け車線が宜野湾市伊佐から那覇市久茂地まで1・6キロ延長し、全長10・4キロ。夕方の北向け車線は那覇市久茂地から浦添市牧港まで4・6キロ延び、6・8キロとなる。

バスレーン区間の延長開始をPRするお笑い芸人「ゆうりきや~」の2人=2日午前8時20分ごろ、那覇市天久

 同日、那覇市天久の国道58号ではバスレーン延長開始式があり、バスレーンサポーターやバス会社職員ら約15人が、バスレーン延長への理解を呼び掛けた。「わった~バス党」の党首・幹事長を務めるお笑い芸人「ゆうりきや~」の2人も参加し、沿道からドライバーへ手を振った。