【北谷】北谷町議会(田場健儀議長)は2日午前、臨時会を開き、米軍ヘリ装備品の落下事故と米軍人・軍属による道交法違反事件に対する抗議決議と意見書計4案を全会一致で可決した。

 落下事故では、米海兵隊普天間基地所属のAH―1W攻撃ヘリによる約200キロ余りの部品投下と、米空軍嘉手納基地所属のHH60救難ヘリの部品落下に抗議。事故原因の究明と再発防止策の公表、原因究明と対策がなされるまでの米軍機の飛行全面停止を求めた。

 道交法違反では、昨年から相次ぐ米軍人・軍属による事件・事故が多発している状況に、「米軍内部の組織統制は機能していない」と批判。リバティー制度の緩和措置の取り消しや綱紀粛正の徹底などを求めた。