宜保晴毅豊見城市長が2日、沖縄県庁に翁長雄志知事と安慶田光男副知事を訪ね、県が計画する大型MICE施設の建設地として同市豊崎を選ぶよう要請した。宜保市長は「建設地に決まれば民間の事業者と連携しながら取り組みたい」と強調、早期決断を申し入れた。

翁長雄志知事(右)にMICE施設の豊見城市豊崎への建設を要請する宜保晴毅豊見城市長=2日、県庁

 要請には屋良国弘市議会議長のほか、市観光協会やJA豊見城支店、通り会、自治会長会、市商工会の代表者が同席。候補地が空港や高速道路に近い利点を挙げ、那覇市内のホテルの活用や南部・中北部の観光地へのアクセスの良さなどをアピールした。

 翁長知事は「交通事情やホテル、アクセス面などがしっかりした場所でないと難しいと思っている」と説明。有力候補地として豊崎以外にもう一つ残っている与那原・西原のマリンタウン東浜の要請にも触れ、「東海岸(の自治体)からは沖縄の発展が“西高東低”だという指摘もある。将来の発展をどう有効的にするか吟味して一日も早く決めたい」と話した。