泡盛マイスター協会は8日午後1時から那覇市のパシフィックホテル沖縄で総務大臣・全国泡盛カクテルコンテストを開く。11回目の今年は台湾や韓国、ベトナム、日本の4カ国から47人が参加。ショートとロングの両部門で泡盛ベースのカクテルで味や色彩、創作性などを競う。競技の一般観戦は無料。

全国泡盛カクテルコンテストをPRする(左から)大会実行委員長の田幸氏、推進大使の下地さん、泡盛マイスター協会の新垣勝信会長=2日、沖縄タイムス社

 田幸淳也実行委員長は「国内だけでなく泡盛を世界へ発信させていく。アジアを中心に盛り上げていきたい」と意気込む。泡盛の世界遺産登録推進委員会推進大使の下地あいのさんは「いろいろなカクテルを楽しんで泡盛をもっと知ってほしい」と話した。

 問い合わせは大会事務局、電話098(861)5403。