第28回沖縄民踊フェスティバル(主催・沖縄タイムス社、県民踊研究会)が24日、沖縄市体育館で開幕した。子どもからお年寄りまで、57団体1602人が華やかな舞を披露した。25日まで。

本番前に全員で民踊体操を踊る参加者=24日、沖縄市体育館(喜屋武綾菜撮影)

本番前に全員で民踊体操を踊る参加者=24日、沖縄市体育館(喜屋武綾菜撮影)

 第1部では「わした沖縄世果報でーびる」など2曲を出演者全員で踊り、一体感を高めた。羽地民踊椿会の宮城順子さん(75)は出場5回目。仲間と「与那国小唄」を演舞し、「とても楽しかった。民踊が生きがい。踊っているから若いのよ」と笑い声がはじけた。

 子どもたちも愛らしい踊りを披露し、会場から温かい拍手が送られた。まつもと幼児学園の當眞来斗(らると)ちゃん(3)は「楽しかった」と少し緊張の残る表情で話した。