南風原町の子ども平和学習交流事業の児童8人が23日、沖縄陸軍病院南風原壕群に地元集落からおにぎりを運ぶ「飯上げ」を追体験した。一斗だるをつり下げた天秤棒(てんびんぼう)が肩に食い込む中、命を懸けて食糧を運んだ苦労を学んだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。