【名護】米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設への反対行動で3日午前、キャンプ・シュワブゲート前で抗議していた60代女性が沖縄県警機動隊ともみ合いになり、押し出されるかたちで転倒して頭を打った。救急車で搬送された。

キャンプ・シュワブゲート前で、県警に排除される市民=3日午前9時20分、名護市辺野古

 海上では午前10時すぎ、抗議する市民らのカヌー7隻が海上保安庁に確保されたほか、抗議船2隻にも海保職員が乗り込んだ。拘束された市民らは10時40分、臨時制限区域を越えた沖合に連れて行かれ、解放された。海保は2日も沖合で拘束者8人を解放しており、「危険な行為だ」との批判が出ている。