オリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)は、沖縄県内で開催しているプロ野球やサッカーなどスポーツチームの春季キャンプを盛り上げようと、数量・期間限定のドラフトビール「スプリングキャンプデザイン缶2015」を販売している。ことしで4回目。2月下旬まで2万ケースを出荷する。

スポーツチームの春季キャンプに合わせて期間・数量限定で発売するデザイン缶をPRするオリオンビールの當銘貢部長(左端)ら=3日、沖縄県庁

 同社の當銘貢営業戦略部長とキャンペーンガールの松原優奈さんらが3日、沖縄県庁に湧川盛順文化観光スポーツ部長を訪ね、県が振興に力を入れる「スポーツアイランド沖縄」に賛同した取り組みをPRした。

 當銘部長は各球団にデザイン缶を差し入れたとし、「キャンプ地として沖縄を選んでもらった感謝と歓迎の気持ちを込めている。県民と一緒に歓迎ムードを盛り上げたい」。湧川部長は「デザイン缶は、県民の歓迎する機運を盛り上げる効果が非常に大きい」と期待した。