【糸満】「ニンジンの日」の3日、糸満市農業戦略産地連絡協議会は同市喜屋武で、「収穫祭」を開いた。保育園児ら約70人が収穫を楽しみ、ニンジンジュースを味わった。

ニンジン収穫を楽しむ子どもたち=3日、糸満市喜屋武

 農家の與古田繁信さん(67)は「今が旬。特に、糸満のニンジンはとってもおいしい」とPR。

 ビニール袋いっぱいにニンジンを詰めた米須保育所の金城梨愛ちゃん(5)は「おうちに持って帰り、大好きなニンジンシリシリーをお母さんに作ってもらう」と声を弾ませていた。

 県内一の生産量を誇る糸満産ニンジンは「美らキャロット」と呼ばれ、甘みがあるのが特徴。

 JAおきなわ糸満支店によると、収穫期は4月中旬ごろまでで、今期生産量は900トンを見込んでいるという。