翁長雄志沖縄県知事は4日午前、前知事による名護市辺野古への新基地建設に伴う埋め立て承認に瑕疵(かし)がなかったかどうかを検証する第三者委員会の環境分野に精通する残り2委員を発表した。4人は既に発表しており、第1回会合を6日に開き、本格的な検証作業を開始する。

 琉球大の土屋誠名誉教授(生態系機能学)と東京大の平啓介名誉教授(海洋物理学)が委員に就任する。

 翁長知事は「公正、客観的に検証していただける6人の先生方だと思っている。ぜひ、頑張ってしっかりと仕事をしていただきたいと心から期待している」と話した。

 委員は、法曹界から大城浩元沖縄弁護士会会長、當真良明前沖縄弁護士会会長、田島啓己弁護士の3氏。環境分野からは沖縄大の桜井国俊名誉教授が既に決まっている。