【与那原】与那原、西原、中城、北中城の4町村が参加する「東海岸地域サンライズ推進協議会」(会長・古堅國雄与那原町長)が4日発足した。北中城村に建設中のイオンモール沖縄ライカムや延長される沖縄都市モノレールの浦西駅、与那原・西原町が誘致している大型MICE施設などの事業と連動し、本島東海岸地区のインフラ整備や地域活性化に取り組むことを確認した。

「東海岸地区の可能性を広げたい」と話す古堅國雄与那原町長(写真右から2人目)ら4町村の首長=4日、与那原町役場

 同日、与那原町役場で行われた記者会見に4町村の首長が出席。古堅町長は東海岸地域の開発について「観光立県として、現在の西高東低の形では均衡が取れているといえない」と指摘した。国道329号のバイパス整備などのインフラ整備拡充や、広域行政による事業の実施などを強調し「政府の掲げる地方創生とリンクさせて、協議会で調査や要請行動を展開していきたい」と述べた。