【宜野湾】沖縄県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)の要請行動で、宜野湾市は「あらゆる方策で閉鎖返還に取り組んでほしい」と県内移設を排除せず米軍普天間飛行場の一刻も早い返還を求める立場を主張した。別の公務を理由に要請行動を欠席した佐喜真淳宜野湾市長が伊佐徳光基地政策部長へ指示した。

 名護市辺野古への移設を事実上含む内容で、県外移設を明確に求める軍転協の要請文との違いが鮮明になった。

 同文言の明記をめぐっては総会で意見がまとまらず、軍転協会長の翁長雄志知事ら三役が預かり、その結果、見送られた経緯がある。

 佐喜真氏は4日、那覇市内で記者団に対し、県外を否定しないとしつつ「あらゆる方策を講じるという文言は組み込んでほしかった。当事者として訴えるのは当然のこと」と要請文の決定内容に不満を示した。