9秒でまるわかり!

  • 自転車ロードの愛三工業がキャンプのため沖縄入り
  • 本部町を拠点に19日まで練習し、3月の初戦に挑む
  • 五つの自転車チームが沖縄合宿を予定している

 自転車ロードレースの愛三工業レーシング(愛知県)の選手とコーチ10人が4日、キャンプ地の沖縄に入った。沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)によると、五つの自転車チームが沖縄合宿を予定している。

キャンプ地の沖縄に入った愛三工業レーシングのメンバーら=那覇空港

 愛三工業は、国際自転車競技連合(UCI)コンチネンタル部門の登録チームで、約10年前からシーズン直前の最終調整を県内で行っている。本部町を拠点に19日までやんばる路で練習し、3月にマレーシアで開かれる今季初戦「ツール・ド・ランカウイ」に挑む。

 9日には内間康平(北中城高-鹿屋体大出)を擁するブリヂストンアンカー、24日には城田大和(北中城高出)が所属する宇都宮ブリッツェンが相次いで沖縄入りする。