プロバスケットボールTKbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングスは7、8日、那覇市民体育館で同地区2位の浜松・東三河フェニックスと2連戦を行う。キングスの選手は4日、宜野湾勤労者体育センターで実戦形式の練習で汗を流した。

浜松・東三河戦に向け、実戦形式の練習をするキブエ・トリム(中央)ら選手たち=宜野湾勤労者体育センター

 浜松・東三河とは、今季開幕戦以来の2度目の対戦で、前回2戦は勝敗を分けている。4カ月ぶりの対決に「前回のデータは全く当てにならない」と伊佐勉ヘッドコーチ(HC)。ゲーム差1で迎える地区首位攻防戦に「差をつけることができるビッグゲームになる」と気合十分だ。

 浜松・東三河には並里成の兄・祐(美来工高-中部学院大出)が所属し、地元での兄弟対決など見どころが満載だ。7日は午後7時から、8日は午後2時から試合開始。