9秒でまるわかり!

  • 複数の離島からなる竹富町の庁舎は、航路拠点の石垣市にある
  • 老朽化で立て替えを検討中。候補は石垣島か西表島かの二択
  • 住民投票で来年度にも場所を決定。40年続く議論の決着を目指す

 【竹富】竹富町役場庁舎の老朽化に伴い建て替えを検討している川満栄長町長は3日、建設場所について、早ければ来年度にも住民投票を実施する意向を示した。町民からは石垣市内にある現庁舎と、西表島大原地区への移転を推す声があり、現在、町新庁舎建設のあり方検討有識者委員会が議論している。川満町長は委員会の結論を各島で説明し、その後に住民投票を実施する方針。

竹富町の川満町長に住民投票実施の要請書を手渡す住民=町役場

竹富町役場新庁舎の候補地

竹富町の川満町長に住民投票実施の要請書を手渡す住民=町役場 竹富町役場新庁舎の候補地

 町役場の場所については、40年前から議論が続いており、この日は1977年の役場移転の検討の際に、町議会で意見を述べた住民3人が川満町長に住民投票実施を要請した。

 住民の石垣金星さん(69)は「当時青年だった私たちも年を取り、生きている内に役場建設問題を決着してほしい」と訴えた。役場位置を「石垣島」「西表・大原」の2択とした住民投票を実施し、結果を全町民が尊重する-とした要請書を手渡した。

 川満町長は「住民投票は私の公約であり、必ず実施する。中立な委員会で議論しているので、その結果を住民に伝えた後に住民投票条例を議会に提案したい」と述べた。時期については「委員会の結論と、説明会が終わる時期を見てだが、早ければ来年度中」との見通しを示した。