名護市辺野古の新基地建設に向けた埋め立て承認で沖縄県の第三者委員会の検証が始まることを受け、名護市議会の屋比久稔議長は5日、県庁に安慶田光男副知事を訪ね、関連資料などを提出した。屋比久議長は「後出しで、さらに欠陥だらけの環境影響評価(アセス)をもとに承認した」と強調し、基準に適合したという論理を徹底的に検証するよう求めた。

提出した資料を安慶田光男副知事(手前右)に説明する名護市議会の議員ら=5日、県庁

 また、辺野古沿岸で進むフロート(浮具)やブイ(浮標)の設置に関しても、県の岩礁破砕の手続きや公有水面埋立法の変更申請などが必要ではないか、と調査を求めた。

 提出した資料は、名護市が独自に実施したオスプレイ騒音の実測値など。沖縄防衛局のアセスにはオスプレイを想定した評価が含まれていないため「(実際のオスプレイの運用と)かい離しているのが実態」と指摘している。