【東京】沖縄県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)会長の翁長雄志知事は5日、防衛省に中島明彦地方協力局長を訪ね、米軍普天間飛行場の県外移設や嘉手納基地より南の施設の確実な返還を含む負担軽減を求めた。中島氏は、普天間の固定化を避けたいという思いは同じとしながらも「辺野古(移設)が唯一の解決方法なので移設を進める」と政府方針を説明したという。

 翁長氏らは同日、外務省で冨田浩司北米局長、在日米大使館でウェルトン公使にも同様に要請した。