プロ野球・阪神の鳥谷敬選手=写真後列右から3人目=が5日、県立南部医療センター・こども医療センター(南風原町)を慰問し、入院中の子どもたちを励ました。サインや折り紙、パズルのプレゼントを贈られた子どもたちから「元気になって甲子園に応援に行きたい」と喜びの声があふれた。

 県出身で元プロ野球選手の比嘉寿光さん=同4人目=も同行した。

 鳥谷選手はこれまでも自主トレーニングや春季キャンプで沖縄に滞在した際にセンターを訪れており、今年は5回目。子どもたちから手作りの首飾りを贈られ「少しでも元気になってもらえればと訪問している。みんなが甲子園に応援にきたときにグラウンドに立ち続けられるよう自分もがんばりたい」と今後の活躍を誓った。

 この日はキャンプが休日だったため、ニュースで目にするユニホーム姿とは違う私服。ツーショットで記念撮影をした大城諒(りょう)さん(17)は「いつも応援している選手で、おしゃれでかっこよかった。(写真を)友達に自慢しまくる」と笑顔を浮かべた。