ロワジールホテル那覇(那覇市、道上浩之執行役員総支配人)が屋外テラスを新設、全客室とロビーの改装を終え1日から稼働している。

挙式やパーティーなどに対応する屋外テラス=5日、ロワジールホテル那覇

 屋外テラス(南風~パイカジ~テラス)は挙式やパーティーなどに対応するため、開業して22年間、ホテルのシンボルだったパイプオルガンやオオゴマダラ蝶々園を撤去した。

 客室は「海・水・花・風」をテーマに、家具の入れ替えや配置などの工夫でベッド数を約300増やし、収容人数は1465人可能。売り上げ目標は前年比20%増を目指す。

 道上総支配人は5日の記念パーティーで「リゾート気分がさらに味わえるようリニューアルした。地元の方も気軽に来ていただけるホテルを目指したい」と決意した。