【中部】米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が4日、沖縄周辺海上で訓練飛行中に、重さ5・4キロの金属製部品を落としていたことが分かった。通報を受けた沖縄防衛局が5日、県や周辺市町村に報告した。 落とした場所は不明だが、けが人や被害の報告はないという。F15は昨年1年間で5件の部品落下事故を起こしている。