日米で活躍した松井秀喜氏が5日、宜野湾市で行われているDeNAキャンプを訪問した。巨人入団時に打撃コーチを務めていた中畑監督からの要請に応え「中畑さんの執念。何回もお断りしたんですが『頼むよ』の一点張りでしたから」と笑みを浮かべながら話した。

DeNAキャンプを視察し、中畑監督(右)と談笑する松井秀喜氏=宜野湾

 正午前にスーツ姿で球場に到着すると選手たちへあいさつ。その後はチームの青色のジャンパーを着てシート打撃を中畑監督と並んで見学。同じく視察に訪れていた日本代表の小久保監督とも会話を交わした。全体練習後には筒香らの個別の打撃練習に熱視線を送り、筒香の質問に親身に答える場面もあった。「才能があって将来性の豊かな選手がそろっている」と全体的な印象を述べた。

 周囲の注目度は高く、報道陣の数は前日の36人から164人に増えた。所属したことのない球団のキャンプ訪問を「非常に新鮮な気持ちで見させてもらった」と振り返った。