2017年(平成29年) 12月15日

沖縄タイムス+プラス ニュース

金武漁港でも海に燃料捨てる 辺野古新基地の警備艇 船長指示で恒常化 パワハラ・飲酒も

9秒でまるわかり!

  • 辺野古海上警備の従業員が燃料を海に捨てていたと本紙に証言した
  • 警備艇の船長の指示で日常的に行われ、液体洗剤もまいていた
  • 船長の暴言や嫌がらせが横行。船内での飲酒も恒常化していた

 名護市辺野古沖の新基地建設に伴う海上警備業務を沖縄防衛局から受注しているマリンセキュリティー(沖縄市泡瀬)の警備艇が、故障で漏れ出た燃料を海中廃棄していたと従業員が告発した問題で、別の従業員は28日、3月ごろに金武漁港内でも警備艇「かしま」から燃料を海に捨てていたと証言した。従業員の40代男性が沖縄タイムスの取材に答えた。(中部報道部・赤嶺由紀子)

マリンセキュリティーの警備艇(資料写真、2016年4月撮影)

 男性によると3月ごろ、金武漁港で停泊していた警備艇「かしま」の船底にたまった燃料を、船長の指示で複数の従業員がバケツを使って海中に捨てる作業を目撃したという。投棄後は液体洗剤も海にまいていたという。

 男性は「船が故障していることは会社側も知っていた。修理もぎりぎりまで行わず、燃料の廃棄は長島付近以外でもやっていた」と話し、日常的に海中廃棄が行われていたと証言した。

 また、警備艇の船長による暴言や嫌がらせなどのパワーハラスメントも横行していると明かした。「こんなこともできないのか」「作業が遅い」と怒鳴り散らすなど、日常的なパワハラが原因で退職に追い込まれた従業員もいたという。

 夜間勤務の際には会社が禁止しているにもかかわらず、船内でビールや焼酎などの飲酒も恒常的に行われていることも明かした。

 男性は「海上での業務に携わる会社としてふさわしくない最悪な行為。警備業務になっておらず、税金の無駄遣いだ」と指摘した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

サクッとニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間