辺野古新基地の建設が進む沖縄県名護市の大浦湾で28日夜、サンゴの産卵が確認された。サンゴはミドリイシの仲間。撮影したヘリ基地反対協ダイビングチーム・レインボーの牧志治代表は「工事が強行される中、子孫を未来に残そうとする自然の営みに感動した」と語った。

産卵するミドリイシの仲間=28日午後8時半ごろ、名護市の大浦湾(ダイビングチーム・レインボー提供)