沖縄タイムス創刊70周年プレ企画「夢の種まきプロジェクトMASAマジック小学校巡回事業」(主催・沖縄タイムス社、協賛・沖縄銀行、ざまみダンボール、ワオ・コーポレーション)が28日、南城市立大里北小学校(上江田毅校長)であり、全校児童約210人がMASAさんのマジックを楽しんだ。同事業は9校目。

トランプを使ったマジックを披露するMASAさん=28日、南城市立大里北小学校

MASAさんのマジックに歓声を上げる子どもたち=28日、南城市立大里北小学校

トランプを使ったマジックを披露するMASAさん=28日、南城市立大里北小学校 MASAさんのマジックに歓声を上げる子どもたち=28日、南城市立大里北小学校

 コインやカードを使った世界レベルの技に、子どもたちは食い入るように見入った。マジックの合間にはMASAさんの体験談もあり、「夢を実現するには自分を信じ続けることが大切。夢を諦めない気持ちを持ってほしい」と訴えた。

 ステージでマジックを手伝った奥原崇士朗さん(11)=6年=は「緊張したけどMASAさんはすごかった」と話した。菊川乙音さん(11)=5年=「プロのバレエダンサーになるのを諦めていたが、話を聞いてもう一度挑戦したいと思った」と話した。