沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局がキャンプ・シュワブ沿岸のK9護岸建設現場に設置を始めた消波ブロックが、県に提出した工法手順と異なることが28日、分かった。