2017年(平成29年) 12月15日

1935沖縄 よみがえる古里

【糸満人の分布図】海外移民促進へ、安心感を演出

 1935年の沖縄写真と一緒に見つかった、大阪朝日新聞の記者の残したメモに「糸満人の分布地図を見る児童たち」との説明がついた写真がある。場所は糸満尋常高等小学校。数字入りのマル印が付いているのは旧南洋群島、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシアなど。

「糸満人の分布図」を見る子どもたち。糸満小の創立80周年記念誌(1964年)によると、展示場所と見られる同小「郷土会館」は「戦争で灰燼に帰した」。金城光栄さんが証言したガラスケース入りの銃について、沖縄国際大教授の吉浜忍さん(67)は現在の読谷村の忠魂碑でも展示用の砲弾を在郷軍人会から海軍省に求め、飾ったいきさつがあることから「当時は沖縄に常駐していなかった軍隊に親近感を抱かせるため、提供する制度が学校向けにもあったのではないか」とみる(写真は朝日新聞提供)

1933年の糸満尋常高等小学校の創立50周年記念式で、式辞を聞く子どもたち。祝賀会は同年10月28~30日の3日間、「糸満町陸上大運動会」や記念展覧会などを交えて続いた。開催にあたり、2134円の寄付が集まったという(写真は『五十周年記念誌』から転載)

「糸満人の分布図」を見る子どもたち。糸満小の創立80周年記念誌(1964年)によると、展示場所と見られる同小「郷土会館」は「戦争で灰燼に帰した」。金城光栄さんが証言したガラスケース入りの銃について、沖縄国際大教授の吉浜忍さん(67)は現在の読谷村の忠魂碑でも展示用の砲弾を在郷軍人会から海軍省に求め、飾ったいきさつがあることから「当時は沖縄に常駐していなかった軍隊に親近感を抱かせるため、提供する制度が学校向けにもあったのではないか」とみる(写真は朝日新聞提供) 1933年の糸満尋常高等小学校の創立50周年記念式で、式辞を聞く子どもたち。祝賀会は同年10月28~30日の3日間、「糸満町陸上大運動会」や記念展覧会などを交えて続いた。開催にあたり、2134円の寄付が集まったという(写真は『五十周年記念誌』から転載)

 なぜこのような地図が作られたのか。沖縄国際大教授の吉浜忍さん(67)=沖縄近現代史=は「いわゆる『ソテツ地獄』と呼ばれた貧しさから抜け出すため、海外雄飛に光が当たったころ。移民先に地元の人がいる、と安心感をもたせる宣伝だったと思う」と読み解く。

 地域史に詳しい元糸満市立中央図書館長、金城善さん(64)=同市西崎町=は撮影の2年前、「33年ごろに地図ができたのではないか」と推測する。

 同年、糸満尋常高等小学校の創立50周年を祝う記念展覧会があった。翌34年発刊の記念誌には「町民の海外発展状況を図表またはグラフにしたものなどは好評を博した」との記述がある。

 記念事業には「記念館の建設」もあり、金城さんは「展覧会の後、展示される場ができたのではないか」と考える。記念館とみられる校内の建物「郷土室」を卒業生の金城光栄さん(88)=同市糸満=は覚えている。ただ、地図には見覚えがない。「軍国少年」だったという金城さんの視線をくぎ付けにしたのはガラスケースに入った小銃。「日露戦争(1904~5年)の戦利品と聞いた」。少年たちが戦場にあこがれた時代だった。(「1935沖縄」取材班・堀川幸太郎)

写真集「沖縄1935」発売

 戦火に包まれる前の沖縄がよみがえります。待望の写真集が朝日新聞出版社から全国販売。「糸満」「那覇」「久高島」「古謝」と地域ごとに章立てされ、82年前の人々の生き生きとした様子が鮮明なモノクロ写真で紹介されています。

 ■朝日新聞出版社

 ■A4判変型

 ■1,800円(税抜)

  全国の書店のほか、大手通販サイトamazon等でも購入できます。

写真集 沖縄1935
写真集 沖縄1935
posted with amazlet at 17.08.08

朝日新聞出版 (2017-07-31)
売り上げランキング: 550

あわせて読みたい

関連リンク

1935沖縄 よみがえる古里のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間