待機児童の解消に向け、沖縄県うるま市が市石川にある石川中学校の空き教室を利用した公設民営の「小規模保育所」の開設を検討していることが28日までに分かった。県内では初の取り組み。2018年4月の開所を目指している。