石垣発、那覇行きの日本トランスオーシャン航空(JTA)早朝便。前方座席に急患の未熟児の姿があった。父親と医師に付き添われ、小さな体で酸素吸入を受けていた。 キャプテンは即座に高度変更を決断。ジェット機が低く飛んだ場合、空気抵抗が増えて燃費がかさむが、身体にかかる気圧の負担は減らすことができる。