【東京】山口俊一沖縄担当相は6日の閣議後会見で、翁長雄志知事が軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)の会長として政府へ基地の負担軽減を求めて上京したことを「今聞いた」と述べ、上京日程を把握していなかったことを明らかにした。県は今回、安倍晋三首相や菅義偉官房長官、外務、防衛、沖縄担当閣僚に面会を求めていたが、開会中の予算委員会などを理由にいずれも実現しなかった。

 山口氏は「過去2回お目にかかり、予算関係など突っ込んだ話をした」と指摘。次年度予算の編成を終えたことを踏まえ「当面、課題はないのだろうと思う」とも述べた。

 一方、菅氏は6日午後の会見で県の面会要請を認めた上で「日程の都合もあり、沖縄担当の杉田和博官房副長官が対応している」と説明した。

 翁長氏は杉田氏との面談後、記者団に「今回は来る前から予算委員会があるので(面談は)簡単ではないと聞いていた。政府の対応について私から申し上げることはない」と述べた。