【浦添】県内外から毎年7千人以上が参加する沖縄県内で最大規模のウオーキングイベント「てだこウォーク2015」(主催・同実行委、共催・沖縄タイムス社)が7日午前、浦添運動公園を発着点に始まった。

元気よくスタートする42キロコースの参加者=7日午前7時49分、浦添市・浦添市民体育館

 浦添市内を回る3キロ、5キロ、10キロのほか、宜野湾市の嘉数高台を目指す20キロコースや世界遺産の中城城跡を通る42キロコースがあり、風景や自治会のおもてなしを楽しみながら歩く。

 8日も計5コースあり、当日参加可。参加費は大人1千円、小中高生100円。完歩証は浦添市内の飲食店など35カ所でクーポンとして使える。

 詳しいコース内容は、浦添市のホームページ右端のバナー「うらそえツーデーマーチ てだこウォーク」で紹介している。