空手道の県高校春季大会は7日、陽明高体育館で行われ、勝ち抜き戦による団体組手の女子決勝は浦添が首里を破り、5連覇を飾った。同男子は首里が沖縄尚学を退け栄冠をつかんだ。

女子団体組手5連覇の浦添

男子団体組手を制した首里

女子団体組手5連覇の浦添 男子団体組手を制した首里

 女子浦添は決勝を含む全3試合を中堅までで決着をつける圧勝劇。男子首里は準決勝で新人大会覇者の前原を倒して波に乗り、決勝は2人残しで制した。

 個人形男子は島袋佑哉(コザ2年)が2連覇、同女子は照屋那奈(首里1年)が初優勝した。