【東京】自民党県連の照屋守之幹事長は7日、党本部で開かれた全国幹事長会議で、自民党が進めている農協改革について地元から強い批判があるとして、拙速に進めないよう要望した。

 複数の県連からの指摘に稲田朋美政調会長は「今後のとりまとめの参考にしたい」と述べ、説明不足との指摘にも対応していく考えを示した。

 非公開の会議後、照屋氏は記者団に対し、「農協改革は中身も知らされておらず、農協の解体につながるとの批判があると厳しい指摘をした。JAが納得できる仕組み作りを求めた」と、地元の意見を伝えたことを説明した。