全員がヒロイン、そんな戦いぶりだった。女子浦添は1回戦の具志川・コザ戦で先鋒(せんぽう)の護得久理彩(1年)が4人残しで勝利し、流れをつくると、続く準決勝の那覇国戦は次鋒にすわった主将の砂邊まこ(2年)が相手中堅からの3人を撃破した。 迎えた決勝では先鋒の當間亜妃(1年)が流れを呼び込んだ。