「戦いやすかった」。沖尚を破り、優勝を決めた首里Aメンバーは声をそろえた。新人大会4連覇中の前原と当たった準決勝が最大のヤマ場だった。これを大将対決で制し、勢いが増した。 沖尚との決勝。